トップ > 村の紹介 > 村のプロフィール

村のプロフィール

 丹波渓谷の自然と、新緑、紅葉の美しさは、この村を訪ねた人びとを魅了します。

「ナメトロ」「羽根戸飛び越の岩」「おいらん淵」などの雄大な景観を見せ、新緑・紅葉の山岳美と奥秩父特有の神秘的な美しさは、この村を訪れる人々に強い印象を残してくれることでしょう。

 山の木々がいっせいに芽吹く春。淡い緑の中にミツバツツジが咲き始めると、訪れるハイカーの数もぐんと増えます。メロディー橋を渡って小さな沢を遡ると雌滝雄滝はすぐ、周囲の静けさを破って流れ落ちる滝はいかにも深山幽谷の雰囲気です。

 後山川から雲取山に至る道は、夏でも霧に包まれしっとりと濡れたブナの原生林が神秘的な姿を見せてくれます。麓の三条の湯を訪ねてみるのもよいでしょう。

 谷間の木々もいっせいに紅葉する秋。「刀刃尾根」の紅葉の美しさは訪れる人を感動させます。

村章

丹波山村 村章

 雄大な山々と清流に抱かれた、大自然豊かな丹波山村。
そんな“たばやま”の“た”の文字をモチーフにし、村民のシンボルマークが定められました。

 

村の木、花、鳥

丹波山村の木、村の花及び村の鳥は次のとおりです。
(すべて昭和44年4月1日制定)村民から公募

木(ブナ)

花(ミツバツツジ)

鳥(コマドリ)

 

村マスコットキャラクター

丹波山村マスコット タバスキー

 丹波山村公認のマスコットキャラクター“タバスキー”が誕生したのは平成9年(1997年)10月のこと。
“丹”の文字をモチーフにしたUFOみたいな形から“アダムスキー型”ならぬ“タバスキー型”にもかけ、また“丹波山が好き”ということから“丹波好き~”と名づけました。
 そのカワイイ姿は村内外から大人気で、丹波山村をアピールするために大活躍しています。

丹波山村マスコット タバスキー


 “タバスキー”は地球から遠く離れた星で生まれました。ある日、UFOに乗って丹波山村にたどり着いたタバスキーは、村の人と自然が大好きになり、住み着くことになりました。
 いつもは黄葉したブナのように鮮やかな黄色のタバスキーですが、空で雲と遊ぶ時は青空の色、木陰で昼寝する時は新緑の色、お花といっしょに風にゆれる時はピンク色、清流でヤマメと泳ぐ時は銀色、と体の色が自由に変わります。
 みんなが丹波山村に遊びにきて、タバスキーとお友だちになってくれるのを願っています。

▲ページのトップへ